未分類

なた豆茶で副鼻腔炎

更新日:

健康思考が高まる昨今、なた豆を原材料とするなた豆茶は、口臭や鼻炎にいいだけでなく、副鼻腔炎・蓄膿症にも効果的であるということで、人気を集めています。
副鼻腔炎・蓄膿症は治りにくく、生活にも支障をきたす病気なので、根本的な解決を望む方も多いことでしょう。
そこで今回は、なた豆茶が本当に副鼻腔炎・蓄膿症にも本当に効くのか、徹底的に調査してみました。

なた豆茶で副鼻腔炎

なた豆茶は副鼻腔炎・蓄膿症にも効果があるの?

副鼻腔炎・蓄膿症を治すために開発された医薬品ではないので、必す効果があるとは断言できないものの、やはり改善の効果は期待できるようです。
現在、副鼻腔炎・蓄膿症を患っていて病院に通っている方の中にも、薬と併用して飲んでいる方は多くいらっしゃるようです。
なた豆茶は医薬品ではなく健康茶なので、安全性も高く、副作用も極めてゼロに近いので、薬との併用も基本的には問題ないとのことです。

副鼻腔炎・蓄膿症は薬だけでは治らない

病院で処方される薬は、あくまでも一時的に症状を軽くする特効薬のようなものです。
副鼻腔炎・蓄膿症を根本的に改善するには、生活習慣ごと改め、時間をかけて着実に原因に対するアプローチを行う必要があります。
糖尿病や腰痛などのように、自分の体と相談しながらうまく対処していくことが大切です。

副鼻腔炎・蓄膿症の原因について

副鼻腔炎・蓄膿症になってしまうのには、様々な原因が考えられます。
鼻の粘膜に刺激を与えてダメージを負ってしまったりして、鼻の中で炎症が発生してしまうことで副鼻腔炎・蓄膿症を引き起こします。
風邪や花粉症などによる単純な鼻詰まりも原因の1つです。
なので、鼻炎やアレルギーの症状が鼻にくる方も、副鼻腔炎・蓄膿症になりやすいと言えます。
環境的な原因も大いにありますね。
また、大気汚染や砂埃が原因で鼻に炎症が発生してしまい、それが悪化して副鼻腔炎・蓄膿症になってしまうこともあります。
さらに、疲労によるストレスや自律神経の乱れが副鼻腔炎・蓄膿症の原因になる場合もあるようです。

副鼻腔炎・蓄膿症を早期改善するには

副鼻腔炎・蓄膿症を最短で治したい方は、手術という手段をとるべきです。
それができない方は、薬で一時的に症状を軽くし、なた豆茶を飲むといったような地道な方法を継続的に行っていくといいでしょう。
そこまで進行していない蓄膿症であれば、なた豆茶でも意外と早く改善できることもありますが、重度の副鼻腔炎・蓄膿症ともなると、手術を余儀無くされる場合もあります。
蓄膿症の手術は30万円程度の費用が必要で、入院期間は7〜10日程度かかるようです。
手術を避けたいのであれば、早い段階で副鼻腔炎・蓄膿症を発見することが大切です。
鼻詰まりがやたらと治りにくかったり、鼻の中に痛みを覚えたりするようでしたら、なるべく早くお医者さんに相談するようにしましょう。
かといって、鼻の中の異変に気付かなかったり、忙しくてなかなか病院に行けなかったりすることもあると思いますが、鼻はとてもデリケートな部分なので、なるべく日々の変化に注意するようにしましょう。

そもそもなた豆茶とは?

なた豆茶とは、なた豆から作るお茶のことで、なた豆はマメ科の中でも成長が著しい大きな豆です。 
サヤの部分が刃物のナタに似ているということから、なた豆という名称がつけられたとされています。

流通も少ないので、八百屋などでは見かけることもないので、実際になた豆を見たことがある方も少ないのではないでしょうか。
 300年以上前の中国では、漢方薬として重宝され続け、東洋医学においてもなた豆の排膿作用、抗炎症作用、血行促進といった効果が注目されるようになりました。
日本でもだいぶ前から親しみがあり、中でも排膿効果が高いことで「膿とりの妙薬」として大変に重宝されてきました。

-未分類

Copyright© 本当に効いた!なた豆茶の口コミ情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.