昨今、花粉症や口臭、蓄膿症に効果があるとされ、口コミなどでも話題沸騰中の「なた豆茶」ですが、良いのはわかっていても、どのくらい飲めば効果が出るのか、本当に悩みが改善できるのか、選ぶ上でどのなた豆茶が良いのかなどが分からず、注文するまでに二の足を踏んでしまっている方も多いのではないでしょうか。
そこでこのサイトでは、なた豆茶の口コミや成分などを参考にして、なた豆茶の効果などを徹底的に解析していきます。

なた豆茶とは?

なた豆茶とは?

昔から薬として用いられてきたなた豆

なた豆茶はなた豆でとるお茶で、以前から万能薬として頻繁に用いられてきました。
400年以上前の中国の医学書にも記載があるように、どんな病にも効くなた豆は伝説の豆として扱われてきました。
なた豆がなぜマルチな働きをするかというと、なた豆は肝臓の機能を活発にする成分を豊富に含んでいるからだそうです。
肝臓の機能を活性化することで、不健全な体を本来の健康な状態へと蘇らせることができるのです。
そのため古来の人は、なた豆を健康の維持には欠かせない薬と捉え、様々な用途でなた豆を使用してきたのです。

なた豆は主に3種類

なた豆の中にも赤なた豆、白なた豆、タチなた豆といった主に3つの種類があるのですが、この中でも食品として用いられているのは、赤なたまめと白なた豆の2種類です。
タチなた豆は、効果が大きいものの、その分毒も豊富に含んでいて取り扱うのに必要な技術も高いので、基本的には赤なたまめと白なた豆を使用するのが一般的のようです。
 

効き目があるのは赤なた豆

食品やサプリメントに用いられる赤なた豆と白なた豆ですが、効果はそこまで差がないと言われることが多いです。
なた豆に含まれる有効成分(サポニン、青酸配糖体、カナバニン、コンカナバリンAなど)は、毒性の強い成熟したなた豆の種子ほど豊富に含有されています。
赤なた豆は、毒性が強いので有効成分も多く含有されているのですが、その一方で、白なた豆には毒性もないので安全性も高く、加工技術もそこまで必要ないのですが、その分有益な成分もほとんど含まれていないのです。
なので、白なた豆より赤なた豆の方が期待できる効果も高いということがわかります。

なたまめ茶の口コミは?

なたまめ茶の口コミは?
口臭や蓄膿症に効くとされるなた豆茶の口コミはどのようなものがあるのでしょうか。

なた豆茶のポジティブな口コミ

・口臭が軽減した
お通じが良くなった
・子供でも飲みやすい
・歯槽膿漏が改善した
・鼻炎の症状が出なくなった

なた豆茶のネガティブな口コミ

・1ヶ月継続してみたが変化なし
・口臭をもっと消したかった
・味が苦手
・お茶の割に高価

口コミまとめ

なた豆茶の口コミポジテイブな口コミ、ネガティブな口コミの両面から見てみると、確かになた豆茶を飲んだことで悩みを解消できたという口コミは多いものの、すぐに効果が得られるかというと人それぞれのようです。
人によって悩みの内容や、症状の度合いも異なりますので、あくまでも口コミは参考程度に据えておくようにしましょう。
また、味に関していうと、子供でも飲める親しみやすい味という意見もある一方で、独特の風味があって飲みにくいという意見もあるので、好みによって意見が分かれるようです。
口コミでよくみかける効果の内容に関してあげると、なた豆茶は抗菌作用が優れていることもあって、やはり口臭改善効果が高かったという内容の口コミは非常に多かったです。
また、漢方薬としても力を発揮し、膿を出す働きもあるので、蓄膿症や痔、歯周病などにも効いた方も大勢いました。
また、なた豆に含有される「コンカナバリンA」、
「カナバニン」が炎症を抑え、免疫を健全化してくれるので、扁桃や喉の炎症、口内炎を解消する働きやアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎)を改善できた方もいるようです。

なた豆茶を飲むのがオススメな人

・蓄膿症(副鼻腔炎)を改善したい
・口臭をクリーンにしたい
・花粉症や鼻炎症状から解放されたい
・アレルギー体質を治したい
・痔ろうで悩んでいる

なた豆茶の効果的な飲み方

なた豆茶の効果的な飲み方
なた豆茶は、1日1~2杯を継続して飲み続けることで、だんだんと効果を体感していくものであり、即効性を期待するような特効薬ではありません。
あくまでもお茶ですので、医薬品のように用法容量が細かく定められていませんが、だからといって一度に多くの量を摂取しても、その分効果が高くなるというわけではありませんのでご注意ください。
むしろ、バカバカと多量を飲んでしまうとお腹を下してしまうは可能性もありますので、基本的には1日1~2杯という適度な量は守ルようにしましょう。
 

なた豆茶の効果を感じるまでに要する期間

なた豆茶が、様々な悩みを解消できる健康茶であるという事は分かってきたものの、どのくらいのスピードで効果を実感することができるのかは気になるところですね。
もちろん症状の種類や度合いなどによって、効果の体感の仕方も人それぞれだと思いますが、何らかの体質改善効果を感じるまでのスピードは、数ヶ月必要になることが多いようです。
しかし、明確に効果を体感できなくても、なた豆茶を継続して飲み続けていくことで、体質がちょっとずつ変化し、悩みも徐々に改善していくことが期待できるようです。
あるアンケートによると、なた豆茶を継続して飲み続けた方が明確な効果を実感できるまでの期間として3ヶ月〜12ヶ月が多いようです。
口コミを見ていると1〜2ヶ月飲んでみて、あまり効果がないと判断してしまう方も多いようですが、上記のことを考慮するとそれが一番勿体無いので、せっかく飲んでいるのでしたら、継続していくことをオススメします。

なた豆茶はカフェインは含んでないの?

コーヒーや紅茶、緑茶は、我々日本人にとって最もポピュラーな飲み物の1つといっていいでしょう。
しかし、そのどれもカフェインが入っているので、多く飲みすぎると頭痛や不眠症状、手の震えが起こったりしてしまうリスクもあります。
成長に支障をきたす恐れがあるので、子供のカフェイン摂取は特に注意が必要です。
また、妊娠中の方や授乳中の方も、流産のリスクも高くなる恐れがあるので、カフェインはなるべく取らない方がいいとされています。
一方で、なた豆茶にはカフェインが全く入っていないので、免疫力が低い子供や高齢者、妊娠中、授乳中の方が飲んでも大丈夫です。

なた豆茶には毒があるの?

上でも述べましたが、なた豆茶は、大きく分けると「白なた豆」「赤なた豆」「たちなた豆」といった3つの種類があります。
白なた豆は、花ビラや種子が白くて、成熟した種子には毒性も無いので、福神漬けに用いられています。
赤なた豆は、種子が赤く、花ビラはピンク色をしていて、成熟した種子に少しの毒素を含んでいます。
たちなた豆は、花ビラが紫色で種子は白く、完熟した種子が含む毒性は強いです。
以上のように主に3種類のなた豆が存在しますが、なた豆茶には、白なた豆か赤なた豆のどちらかが使用されています。
赤なた豆には毒素があるのですが、加熱と焙煎をうまく行う加工技術により、毒素を除去しすることができます。
したがって、なた豆茶には、人体に悪影響を及ぼすような毒素は入っていないので、安全に飲むことができるのです。

まとめ

いつも飲んでいるお茶やコーヒーをなた豆茶に置き換えるだけで、そこまで苦労せずに、体質を改善していくことによる様々な効果が期待できます。
口臭、鼻炎、蓄膿症、歯周病、痔、口内炎、扁桃炎、アトピー性皮膚炎、歯槽膿漏などで頭を抱えている方は、ぜひなたまめ茶を日常生活に取り入れて見てください。

更新日:

Copyright© 本当に効いた!なた豆茶の口コミ情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.